FC2ブログ
和くら便り
大分県日田市隈にある鉄板焼ステーキのお店です。今の和くらをお知らせする、和くらからのお便りです。
プロフィール

wakurar

Author:wakurar
大分県日田市・隈にある
鉄板焼ステーキの店
「すてーき茶寮和くら」。
大正6年の土蔵。
正面に沈む夕日。
平成元年open。
和くらからのお便りやお知らせ、
日田そして隈地区の情報などを
お伝えしていくブログです。

「すてーき茶寮 和くら」
〒877-0044
大分県日田市隈2-4-13
tel : 0973-24-2728
fax : 0973-24-2727



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国の登録有形文化財
20080930160040
「和くら」含む「後藤家住宅」が、国の有形文化財に登録されました。
大分県内からは4か所だそうです。

西日本新聞の記事より抜粋-----------
後藤家は1887(明治20)年の分家以降、「ヤマキチ」と号し、材木商を営んできた。
母屋は同年に建てられた入り母屋造りの木造二階建て。他に明治後期築造の隠居座敷、
大正期の東土蔵、西土蔵、昭和初期の座敷蔵などが対象。
主屋は春になるとひな人形を公開、東土蔵と西土蔵は1989年に改修し、
現在はステーキハウス、喫茶店とするなど、
すでに「文化財」としての活用がすすんでいることなども評価の対象になった。
-----------西日本新聞の記事より抜粋



川に面した明治の建物は、全国でもなかなかめずらしいものだそう。
私は建物が古いと感じたことはありません。
この「川」が、「気」を循環してます。
「古い」ではなく、「落ち着いた」建物だと思います。

次の世代に継承していく建物(ハード)は変わりません。
しかし、その中身(ソフト)はその時々で様々な歴史を生み出します。
そして、その世代の主(あるじ)の想いが備わります。

自己満足ではなく、
今のご時世だからこそ、
「落ち着く景観」に少しでも貢献できれば、それは今の主の想いです。

急に寒くなってきました。
落ち葉と、小雨が、「落ち着く」演出をしてくれているようです。
スポンサーサイト

秋の気配
ようやく過ぎた日田の猛暑。
そう、それを耐えたごほうびのように、
日田の秋は「ステキ」なのです。

小鹿田焼の「民陶祭」や、「千年あかり」。
和くら対岸の景色は黄金色の銀杏が輝き、
真正面に夕日が沈む時期でもあります。

少し山道を行くと、野焼きが香り、
5時のお寺の鐘が郷愁をそそります。


そんな贅沢な日のしめくくりは、和くらの上質なステーキに舌鼓。

「よし、またがんばろっかな」

こんなオフのすごし方、ステーキですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。