FC2ブログ
和くら便り
大分県日田市隈にある鉄板焼ステーキのお店です。今の和くらをお知らせする、和くらからのお便りです。
プロフィール

wakurar

Author:wakurar
大分県日田市・隈にある
鉄板焼ステーキの店
「すてーき茶寮和くら」。
大正6年の土蔵。
正面に沈む夕日。
平成元年open。
和くらからのお便りやお知らせ、
日田そして隈地区の情報などを
お伝えしていくブログです。

「すてーき茶寮 和くら」
〒877-0044
大分県日田市隈2-4-13
tel : 0973-24-2728
fax : 0973-24-2727



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ボジョレーヌーボ完売
11月30日に、ボジョレーヌーボが終了いたしました。

今年は、とても美味しかったようで、

お持ち帰りになる方も多くいらっしゃり、

いつもは12月まで持ち越すのですが、今年は、おかげさまで完売です。

来年がまた楽しみです。

ありがとうございました。<乾杯!>

竈って素敵。
2009112301374120091123013738


柚子は捨てるところがありません。

柚子の果汁は、和くらのドレッシングやタレに使用され、
甘皮は、みんなで持って帰って、柚子風呂に、
種は、焼酎に漬けて化粧水にします。

そして、そして、一番の楽しみは・・・。

柚子の皮の竈炊きです。

コンテナ3台分の柚玉の皮の山。
これを一気に竈で炊いて「柚べし」(マーマレイド)にします。

パチパチとはじける薪の音、重い木のふた、
煤にまみれた煙突に火消し壺と柚子の香り。
代々後藤家に伝わっている秋の風物です。
竈で柚子を炊く祖母の長靴の動きと、ごうごうと燃える火、
懐かしい匂い、ぼーっと見ている小さい私。

今でも変わらず、毎年使われる竈。

大事にしたい、行事の一つです。

ちなみに、湯がき汁はそのまま浴槽へ。お陰でお肌ツルツルです!

さてさて、その、マーマレイド。今年も販売いたします。

■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□
■ゆず酢500ml・・・2,400円
■ゆべし250ml・・・650円
■ゆべし550ml・・・1,000円
■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□

売り切れ次第終了です。
ご連絡先・・・和くら<0973-24-2728>
メール:info@wakura.com

柚玉の季節がやってきた。
やってきました、柚玉の季節。

柚玉とは、いわゆる「柚子」のことです。

この辺りでは、柚子のことを「柚玉(ゆだま)」と言います。
<僕は、「ゆだま」とは、一般的に使われているものかとつい最近まで思っていました。>

何十年ものお付き合いである中津江村の方の原木の柚子。

この柚子でないと、和くらのドレッシングやタレの味は保てないのです。

さて、仕込みが始まります。

イチョウのピーク
icho


対岸のイチョウがとてもきれいなこの頃です。

3週間ほど前、徐々に上から色づき始め、
今では全体が黄色です。

風が吹くと、
扇がひらひらと散っています。

夕暮れ時は、なんとなくさびしくなります。。。