和くら便り
大分県日田市隈にある鉄板焼ステーキのお店です。今の和くらをお知らせする、和くらからのお便りです。
プロフィール

wakurar

Author:wakurar
大分県日田市・隈にある
鉄板焼ステーキの店
「すてーき茶寮和くら」。
大正6年の土蔵。
正面に沈む夕日。
平成元年open。
和くらからのお便りやお知らせ、
日田そして隈地区の情報などを
お伝えしていくブログです。

「すてーき茶寮 和くら」
〒877-0044
大分県日田市隈2-4-13
tel : 0973-24-2728
fax : 0973-24-2727



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



和くらワイン
和くらワインのラベル

創業当時から人気の和くらワイン。
赤はフランスのボルドー。白はドイツワイン。
赤はちょっと冷やして、白はキンキンに冷やして飲んでいただくと、
今からの季節美味しい料理にはピッタリです。

ラベルも新調しました。
黄なりの和紙を使用し、背景には川から見た和くらを墨で入れています。

お土産に、記念に、いかがでしょうか。



右近さん


和くらの創業当時より個展や、和くらの器などで、
お世話になっていた右近さんが亡くなったそうです。

いつもふらっと立ち寄られ、
静かにコーヒーを飲み、一つ一つの作品を手にとる。

スペインや北鎌倉で作陶された後、
お母様の看病にと地元長崎に帰っておられました。
そのお母様より早くなくなってしまった。

去年の初盆の灯篭流しは、多くの方々が集まり、
それはそれは立派だったそうです。

またふらっといらっしゃりそうでなりません。

追悼 右近さんありがとうございました。



銅のプレート
登録有形文化財としるされたプレートです。
雨の日、このプレートは色濃くなってより趣を増します。

平成20年に登録された時には、
桐箱に入っておりました。
この青銅を見るたびに、
残された財産を大切に維持してくれと言われているようです。



遊船



日田温泉旅館外の遊船に昨日のせていただきました。
数十年ぶりに乗った遊船。

感想………やっぱり、良い。。。
かつては、三隈川に60数艘の遊船があり、祇園囃子の音が、
川上からよくきこえてきたものでした。
その遊船も今では半分以下に減り、静かな川べりです。
なにか出来るかとはないか、模索中です。

日田の風物詩であると自慢してるからには何か。。



パーティー!
おはようございます、石塚です!
今日の夜はパーティーが入っています。
今からみんなで「試食」です。(つまみ食いの様な気も…)

和くらでは、少人数のパーティーも承っております。
鉄板焼ステーキはございませんが、前菜から始まる5品をお出ししております。
飲み放題のメニューもございますので、お気軽にご相談くださいませ。

ちなみに今日のパーティーは、18:30~の15名様。
前菜から始まる5品で、〆は「3種類のお豆のチーズリゾット」でした。
フリードリンクで、4200円です。
実は、単品のレストランメニューも美味しいとにわかに知られているようです。

写真は前菜です。

とても喜んで頂き、私達もいつもと違う厨房、店内に楽しませていただきました。
ありがとうございました。



キャラブキ
きゃらぶき

自生の「ふき」を沢山いただきました。
早速、きゃらぶきにします。
甘さと辛さの中間の塩梅。ここが難しいのですが、今年も上品に出来上がりました。
これまた、この時期のみの限定品です。
お早めにご来店くださいませ。



ヤングコーンの鉄板焼
5月末からほんの一時期だけ出荷されるヤングコーン。
ヤングコーンの季節が終わると、次はトウモロコシの季節が始まります。

ヤングコーンはトウモロコシの一番上の1本を大きく美味しく作るために
茎の途中に出来る雌穂(花)を間引きしたものです。=「ヤングなコーン」

ヒゲは粒の数あるとこの前生産者の方にうかがいました。

甘い香りと共に、じわりじわりと表面がこげるほどに、
中はホカホカになっていきます。
和くらでは、ヒゲも一緒に、そのまま塩でがぶりと召し上がっていただきます。
コリッとした食感がたまりません。

夏前の美味しい食材「ヤングコーン」。
お早めにご来店くださいませ。