FC2ブログ
和くら便り
大分県日田市隈にある鉄板焼ステーキのお店です。今の和くらをお知らせする、和くらからのお便りです。
プロフィール

wakurar

Author:wakurar
大分県日田市・隈にある
鉄板焼ステーキの店
「すてーき茶寮和くら」。
大正6年の土蔵。
正面に沈む夕日。
平成元年open。
和くらからのお便りやお知らせ、
日田そして隈地区の情報などを
お伝えしていくブログです。

「すてーき茶寮 和くら」
〒877-0044
大分県日田市隈2-4-13
tel : 0973-24-2728
fax : 0973-24-2727



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


茶寮の壁




茶寮のブロック壁を取り壊しました。

あった方がいいという意見も多く、
作っていただいた方のことも思うと、悩みましたが取りました。

工事前「25年間ありがとう」とお神酒とお塩をまき、祈りました。

すっきりして、蔵の角が見えてより天井が高くなった気がしています。

アールトの椅子とウェグナーのソファーを置いて、
よりゆっくりしていただける空間を作りました。

改めて、どうぞよろしくお願い申し上げます。

和くら
スポンサーサイト

読売新聞に掲載されました。


本日の読売新聞朝刊22面に、
「水郷が育んだ、豊潤な心」として、
隈町と川沿いの記事が掲載されています。

太鼓橋まで写った写真も素敵です。
是非ご覧くださいませ。

天領日田のおひなまつり


2月15日(金)~3月31日(日)まで、
「天領日田のおひなまつり」として、豆田町・隈町を中心に、
旧家に伝わるお雛様を展示しております。

1月30日(水)はお休みします。
おはようございます。
お知らせが遅くなりまして申し訳ありません。
1月30日(水)は、店内改装の為、お休みさせていただきます。
悪しからず、ご了承くださいませ。



ボッテガ・オットーの「ガレット・デロワ」


姉妹店、博多イニミニマモにあるパティスリー
「ボッテガ・オットー」のかわいいケーキ「ガレット・デロワ」をいただきました。

どうしてかわいいか、というと、王冠が付いてきて、中に、
デロワ専用の小さな陶器のおもちゃを入れます。

カットして食べ、陶器のおもちゃが入っていたら、
その人は一日王様になれる、というもの。

フランスではお正月に食べられるケーキです。

外はパイ生地、中はアーモンド生地のシンプルなケーキですが、
茶目っ気たっぷりなスイーツは心をくすぐります。

「ガレット・デロワ」(要3日前予約・今は王冠はついてきません)
15cm…1,500円

■パティスリー ボッテガオットー
〒812-0027
福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン イニミニマニモB2F
Tel:092-283-0051 / Fax:092-283-0052
[営業時間]日~月曜日:10:00~20:00
http://www.otto-web.net/bottega/index.html

「柚子しぼり汁」


柚子20本の発送が終わりました。
柚子イエローなこの色は、癒されます。
スカッとする色です。

毎年4回の霜をこえた柚子を手絞りで瓶に詰めます。
霜をこえた柚子は、コクと深みがあります。
ウワブミの濁りは、コクの証拠です。

早い収穫は、色はいいですがコクがでません。

津江の長谷部さんの柚子を使用します。
長谷部さんは「自然物は手をかけたら答えてくれる」と言います。
「死ぬまで研究。なんでもとことんやると面白いとです。」

作り手、担い手、みんなの心のこもった柚子のギフトです。

■「柚子酢(しぼり汁)」200ml…1,260円
■竃を使って原糖で炊いた「柚べし」400g…1,050円



京都・阿多古『火廼要慎(ひのようじん)』の御札


京都の圭子様からいただいた
京都・阿多古『火廼要慎(ひのようじん)』の御札。

このお札をいただくのに、急な山を3時間登らないといけません。
到着したと思ったら、本殿までの石段が更に長く続くのだそうです。
京都では大変有名なこのお札。

お神酒をささげて、飾りました。
火難お守りくださいませ。

圭子お姉様ありがとうございました。

成人式


今日は成人式でした。
和くらスタッフの松岡も、今日が成人式の新成人。
朝、振り袖姿を見せにきてくれました。

とても綺麗。とてもかわいい。仕事の顔とは別人のよう。

そして、彼女のおばあさまが作ってくれたという、栗のお赤飯もいただきました。
心のこもった、あたたかいお赤飯に、胸があつくなりました。


二十歳。

何でもできます。
何にでもなれます。
全ては自分次第。

よい人生を。



紺屋町の十日恵比寿




今日は十日恵比寿です。

和くらのある(旧町名)紺屋町には、
江戸の昔より伝わる、恵比寿様の掛け軸があります。

毎年1月10日、恵比寿講にお参りをし、その後にくじを引き、
今年の恵比寿様の当番決めます。
当番は一年、恵比寿様の掛け軸を床の間に飾ります。

神事の後の宴は、和くらでした。
恵比寿様にお供えした立派な鯛を、鉄板でフランベし、
上選牛を少しと、〆は、梅じゃこ飯です。

1年の無事を感謝すると共に、
五穀豊穣、商売繁盛を祈願した一日でした。



富士と新羅凧




年始はめでたく、山頭火の「富士」を飾ります。

そして、新羅の凧を配置。

今日は七草。

「 せり なずな ごぎょう はこ(く)べら ほとけのざ すずな すずしろ 
これぞ春のななくさ 」。

ご来店のお客様皆様に少しですが、お出ししております。

一年の無病息災をお祈りします。

本日より2013年営業始まりました。




あけましておめでとうございます。

伊勢神宮のしめ縄をし、

玄関前に雄松と 雌松 を左右一対に並べました。

古くから松は、神の宿る木で縁起物です。

錫のお屠蘇器にも水引を。

お屠蘇は、創業以来、奈良の橿原神宮より、いただいております。

お客様皆様に、お屠蘇をお出ししております。

お正月の和紙のランチョンマットを敷いて、

なんとなくめでたい今日の和くらです。

あけましておめでとうございます。


あけましておめでとうございます。

薄青空に雪が降り、

清とした空気が心地よい、

そんな一年の始まりでした。

今年も皆様にご満足いただけるよう、

いっそうの努力を重ねてまいります。

皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。