FC2ブログ
和くら便り
大分県日田市隈にある鉄板焼ステーキのお店です。今の和くらをお知らせする、和くらからのお便りです。
プロフィール

wakurar

Author:wakurar
大分県日田市・隈にある
鉄板焼ステーキの店
「すてーき茶寮和くら」。
大正6年の土蔵。
正面に沈む夕日。
平成元年open。
和くらからのお便りやお知らせ、
日田そして隈地区の情報などを
お伝えしていくブログです。

「すてーき茶寮 和くら」
〒877-0044
大分県日田市隈2-4-13
tel : 0973-24-2728
fax : 0973-24-2727



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



お誕生日の鉄板焼ステーキ
記念日に和くらを利用してくださるご家族連れの方も多く、

お子様のキラキラした瞳に、思わず見とれてしまいます。

外食は、お皿で運ばれるもの、と思い込んでいたお子様も、

目の前での調理に、新たな発見の連続のようです。

そして、最後はお誕生日のデザート。

歌をうたって、ろうそくを消して。

この後は、亀山公園で遊んで帰るそうです。

記念日満喫です♬





夢を叶える
和くらでバイトをしていた女の子が上京し、事務所所属のモデルになっています。

心温まる手紙をいただき、とても嬉しくなりました。

勉強になったお客様とのお話のこと、
厨房の楽しかった日々のこと、
オーナーから習った、手書きの大切さなど、
便せん4枚に想いが沢山詰まっていました。

早速みんなで返事を書きました。

あの頃の未来に僕らは立っているのか?(スガシカオ)

かわいい子には旅をさせよう。
かわいい自分にも旅をさせよう。(糸井重里)

ほんわかした秋の午後。


綺麗になっている。


最近の和くらニュース画像と共に。

お客様のお声「夏」 2013 その2
和くらでは、少しでも多くのお客様のお声をききたいと思っています。

そして、そのお声に少しでも答えたいと思っています。

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
W様「エアコン」がききすぎてて少し寒かった。
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
N様「鮎が美味しく、今度は2匹食べにきます。
もう少し冷房がきいていたら、と思いました。
でも古い物が沢山あって感動致しました。」
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
N様「ニンニクのスープが美味しくハンバーグも杏仁豆腐もgood!
少しですが、クーラーが効いてませんでしたので汗が。。」
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
S様「お2階がどうなっているのか、ちょっと知りたかったけれど…」
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
T様「味噌汁椀、内側、黒い線が入っているのが汚れと間違うかな?と思いました。」
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

「エアコン」。。。「クーラー」。。
天井高の茶寮は特にエアコンが効きにくく、猛暑日にはいつも緊張していまします。
2台あるエアコンの片方、25年使用しているエアコンの調子が悪いので買い替えます。
来年の夏には「快適」と言っていただける「適温空間」目指していきます。

S様
茶寮の2階は、5月から10月は、2階の温度は40℃を超える日もあり、使用を控えております。
11月から翌年4月には、小会議や、少人数のパーティなどにも使用され、
隠れ家のようで人気のお部屋です。
お食事後のデザート、珈琲のスペースとしても、ゆっくりしたい、という方は2階へ行かれます。
是非、次回はご利用くださいませ。


2階はこのようになっています。


小さなお食事会も承っております。


T様
ねごろ塗りのお椀です。
次回は、紛らわしくない塗りを選びますね。
お気遣いありがとうございました。



秋の店内
空気がより透明になった気がする秋。

黄色の彼岸花は茶寮にいけました。

ランチョンマットには、オーナーの俳句です。

「黄昏に みやげのすすき ひとにぎり」和子




今日も朝から、青こしょうの種取り。あと50kgあります。。。


栗を拾ってきました。


エントランスを入ると、、、秋てんこ盛りです。

和くらフライヤーラック情報
和くらラックに「つぐて」置いてます。

住宅は、
世代を超えて受け継がれていく寿命の長いもの。

空白がもたらす上質な空間とか、
光とか影とか、緑とか風とか、
作り手、住まい手が、どう豊かに感じられるかってことなんだなぁ。

先人から受け継いだ精神を活かすことで、世紀を超えて愛される、
住み継がれていく住まいとなってほしい。

そんなライフスタイルへの想いが詰まった「つぐて」。

第一号モニターには、価格なども考慮されるそうです。

和くらラックに置いています。



3連休
土日は「B1グランプリ」が日田市内で開催されました。
和くらでも、休憩時間を利用して列に並び数品購入。
美味しかったです。

好天に恵まれ(少し雨が降る時間帯もありましたが)、
和くら店内も県外のお客様が多く、
カフェの方も多く、カタラーナのパフェがよく出ました。

3連休中日は特にご予約を多く頂いています。
皆様に喜んでいただけますように。


前の川ではNHKのB1グルメ特集の生中継が


テントが亀山公園にたくさん


八戸せんべい汁


夕日も綺麗でした。

お客様のお声「夏」 2013 その1
和くらでは、少しでも多くのお客様のお声をききたいと思っています。

そして、そのお声に少しでも答えたいと思っています。
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
M 様「静かで自然で落ちつき、前に来た時はもう一人先輩がいて、
1年前に亡くなったので、一緒に来たことを思い出しました。」
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
T 様「独身の時は何度か来ました。
子供が大きくなり2人で来たのは初めてです。
変わらず雰囲気の良い、落ち着いた昼食が取れました。」
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

ありがとうございます。
胸が熱くなります。
また、ふらりと訪れてくださいませ。

25 歳を迎える「和くら」。
波瀾万丈の幼少期、周りに恵まれた学生時代、
成人を過ぎ、社会生活にも少しずつ慣れてきて、日常を謳歌している女性をイメージします。

『どんな時代であっても力を尽くして生きる』という『美』の蓄積が「歴史」であるなら、
その『美』のエッセンスを過剰に演出せず、
そのままに『感動』という花が咲くよう、届ける作業。

これが私達の業なのだと、思った初秋。

いただいたお声は、私達の道しるべです。

ありがとうございます。


秋晴れ。


彼岸花、栗とほおずき。

明日のパーティに備えて
庭のローズマリーを炒って、鉢で擦る。
クミン、カイエン、チリパウダー、鉢で擦る。
明日のパーティに備えて。
何ができるんでしょうか。


厨房に香るローズマリー


丁寧に丁寧にゴリゴリ


いつもながらの手描きレシピ

岩田屋「日田フェア」終了いたしました。
岩田屋での催事「日田フェア」無事終了いたしました。

雨の中にも関わらず、多くの方にご来店いただきまして、
誠にありがとうございました。

遠い空にいわし雲。
秋の到着。

9月4日(水)、5日(木)と、
和くらはお休みでございます。

6日(金)より通常営業いたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


束の間の晴れ間でしょうか。


濁流。


クッキーはリピーターが何個も買われ2日で終了。