和くら便り
大分県日田市隈にある鉄板焼ステーキのお店です。今の和くらをお知らせする、和くらからのお便りです。
プロフィール

wakurar

Author:wakurar
大分県日田市・隈にある
鉄板焼ステーキの店
「すてーき茶寮和くら」。
大正6年の土蔵。
正面に沈む夕日。
平成元年open。
和くらからのお便りやお知らせ、
日田そして隈地区の情報などを
お伝えしていくブログです。

「すてーき茶寮 和くら」
〒877-0044
大分県日田市隈2-4-13
tel : 0973-24-2728
fax : 0973-24-2727



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



抹茶の杏仁豆腐
抹茶の杏仁豆腐が始まりました。

桜の杏仁豆腐が終わると、

八女の抹茶を使用した「抹茶の杏仁豆腐」(400円)の季節。

小豆も加わった深緑と、真っ白とのコントラスト。

味わいは爽やかな新緑をイメージしました。

ゴールデンウィーク、
岩田屋本店での、催事(5/14-20)、
観光祭での、和くら鉄板屋台(5/24,25)と活躍します。

トレイはアボット・キニー。







掘り立ての筍は、
すぐに竈で焚かないといけません。
ここ数日、竈は毎日使用中。

夕暮れ時、煙突からの煙。
いつの時代も変わりません。

贅沢な山からの頂き物です。









和くらのガラスが新しくなりました。
気になっていた、和くらのガラス。

定休日を利用し、全て新調致しました。

クリアな景色に、朝から爽快です。

今からの季節は、亀山公園の新緑、正面に沈む夕陽、

観光祭の花火、などなど見所たくさんのカウンター。

お客様にもきっと喜んでいただけると思います。

(あとは、これをどう維持していくか、です…汗。)






柚子の絞り汁
朝から、柚子搾り汁の発送準備。

前菜に使用する、ピクルスの仕上げ作業。

色が鮮やかで綺麗なのは、

川からの自然光のお陰です。





フィン・ユールのソファーが届きました。
フィン・ユールのソファーが届きました。

France&Son社から販売されたフィンユールの3Pソファ。

背もたれは両サイドがほんの少し内向きになっており、
座る人との一体感がより生まれるようにデザインされ、
アームレストも幅広に作られています。

アームレストのカーブ、側面の美しさ。

中国製のリプロダクトの流通が盛んですが、
本物にはかないません。

半世紀以上を超えて、和くらに届いたことが、
感慨深く。

ハンス・ウェグナーのソファーと共に、
今から半世紀先まで、
和くらの空気を染み込んでいきます。

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
プロダクト France&Son社
デザイナー Finn Juhl
生産国 デンマーク
サイズ W2000×D505×H860 (mm) SH390mm
素材 teak
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■





ケータリング
新居お披露目パーティーにて、

ケータリングをさせて頂きました。

沢山のゲストで遅くまで賑わいました。

初対面でも旧知の間柄のように、

自然な空気が流れたのは、

主の佇まいとか、家の感じとか、

ゲストの柔らかさ。

料理は彩り。

ありがとうございました。



夕暮れ
夕暮れ時

だんだんと夕陽が正面に沈み始めます。

この時間帯はゆっくりと山に沈む最後の最後まで、

見届けたくなります。

さて、ディナータイムスタートです。



定休日のお知らせ
快晴です。

4月2日(水曜日)3日(木曜日)と、

連休をいただきます。

4日(金曜日)より、

通常営業いたします。