FC2ブログ
和くら便り
大分県日田市隈にある鉄板焼ステーキのお店です。今の和くらをお知らせする、和くらからのお便りです。
プロフィール

wakurar

Author:wakurar
大分県日田市・隈にある
鉄板焼ステーキの店
「すてーき茶寮和くら」。
大正6年の土蔵。
正面に沈む夕日。
平成元年open。
和くらからのお便りやお知らせ、
日田そして隈地区の情報などを
お伝えしていくブログです。

「すてーき茶寮 和くら」
〒877-0044
大分県日田市隈2-4-13
tel : 0973-24-2728
fax : 0973-24-2727



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の和くら
今日の和くら。

ヤコブセンのアントチェアを出しました。

この時期の膝掛けは喜ばれます。
ポットの中身は仕込み途中の「栗のヴルーテ」。

「この昆布は何のだし?」
「まかないの煮びたし用」だそうです。

お食事の最後にお出ししている珈琲豆の販売中。

対岸の銀杏もだんだん緑が少なくなり、
黄色が多くなってきました。

夜は、和くらからライトアップをしています。
ボワーンと浮かび上がった銀杏をお楽しみにどうぞ。

Today's WAKURA.

I displayed "Ant chair" made by Arne Emil Jacobsen in Denmark.

The guests are pleased the lap robe of this season.
What are the contents of the pot?
"The Chestnut soup" where is in the middle of cooking.

"What soup stock is this kombu?"
"It seems to be the stew to use our lunch" saids staff.

We're selling coffee beans.
As for the ginkgo of the opposite bank,
The yellow leaves gradually increased green.

We light up from WAKURA at night.
It is so beautiful...








スポンサーサイト

小春日和
2014 YUZU spices nouveau is almost completed,

and also fermenting now in a WAKURA's storehouse.

Slightly chilly autumn fine weather.

In the WAKURA entrance,
Two turtledove basks in the sun peacefully.
A visitor walked near them very slowly and calmly .

The wonderful scene.

柚子ごしょう2014ヌーボー。

只今、蔵で発酵中です。

少し肌寒い秋の晴天。
和くらエントランスは、
山鳩が仲良く日向ぼっこをしています。
山鳩に気を遣って、
お客様が、近くをそーっと通られました。

素敵なシーン。







ある日の和くら - WAKURA of one day
いい天気です。

玄関には、種なしカボス。
「ご自由におとりくださいませ。」

ブレンドテック、今日は何を作っているのでしょう。

先日お客様からいただいた
「シャトー ラフィット・ロートシルト1989」。
O氏からのデキャンタージュも伝授。
事務所でみんなと乾杯した夜。

対岸の銀杏は毎日色濃く変わります。

今日も大切な日。

It is fine day today.

There are many seedless citoron called "KABOSU" at the entrance,
says "Take it free ! ".

The technical mixer BLENDTEC makes delicious soup everyday.

"Chateau Lafite Rothschild 1989" which a visitor gave to me the other day.
I initiate to our staff about Decanting wine from Mr.O.
The night when we cheered it with staff in our office.

The ginkgo of the opposite bank turns have yellow color day by day.

Today is also important for us.









セレクト
展示品の模様替えをしました。

小鹿田の坂本創くん、
小代の井上尚之くん、
沖縄の松田米司さん、
益子の故・成井恒雄さんの、
素敵な器が少しずつ並びます。

台風一過。
澄んだ空気。

厨房は、柚子ごしょう2014の仕込み最中。

柚子の香りが漂います。秋です。



羊皮紙
10月から、
茶寮には、
羊皮紙に記された聖歌楽譜などが並んでいます。

紙のない時代。
羊の皮を乾かして、楽譜にしました。
1枚1枚が、修道士の手書きです。

600年経った今でも鮮やかな色が残ります。

秋。そんな楽譜を眺めながら、
お茶でもいかがですか。





ある日の和くら
大量注文のガーリックライスを、
朝から鉄板3枚使って作っています。
(お持ち帰り用です。)

もう一枚の写真は、昨日の17時45分の夕陽です。
カウンター真正面に沈みます。
色付いた銀杏と夕陽。
秋ですね。

少し早めのディナーお勧めします。







26年前の写真
「和くら」の工事写真が出てきました。

道路に面して建っていた蔵を、
現在の駐車場の広さ分、曳家しました。

建物がそのまま動く様は、たとえ数メートルであっても、
圧倒される程の記憶を今でも保ちます。

基礎石が重量だった為、全て取払い、
和くらのエントランスに使用しました。
現在、壁にある石は、元の蔵を再現する為に作っています。

当時は、日田に曳家の職人のおじいさんがいらっしゃいました。

現在では、伝統業界の例に漏れず、技術の伝承や人材の不足、
需要の確保等の問題が提起されています。

26年前の写真です。














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。